変化のあるイベントになっていますか?

変化のあるイベントになっていますか?

更新日:


 イベントを行なっていても最初は楽しいけど、後のほうになってくると「疲れたな」「しんどいな」「今何時なんだろ?早く終わらないかな」など思ったことはありませんか?
 それが成果が出ていないときはなおさらそう感じたりします。
 ですが、私たちのやっていることはお客様にその会場で楽しんでいただき、その余韻を残しつつその後の販売につなげていく事です。そんな気持ちのままお客様に接しても喜んでいただけるでしょうか?また販売にも繋がるでしょうか?成果が上がらないからといって焦りや不安を持つことでミスも多くなっていきますよね。だけど、最初に決めた考えや行動をずっと同じように続けていく。
その行動が同じではその成果も同じままです。何も変わらないです。
 私たちは朝から来られるお客様も夜に来られるお客様も同じように接していかなければいけません。なぜなら私たちは長丁場で疲れているかもしれないけど、お客様からすれば時間に関係なく新鮮なものだからです。ずっと笑顔でいて、どのお客様にも同じように楽しんでいただきたいですよね。 
 しかし、同じことをずっと続けていると集中力もなくなり身体にも顔にも疲れは出てきます。それを継続させるのは難しいかもしれません。ですが少し動き方ややりかたに変化をつけることでまた新しい気持ちで挑めると思います。
 誰でもずっと同じことばかりしていくと集中力も途切れ効率も悪くなったりしますしだんだんとマンネリ化していきます。しかしやっている最中に少し違うことを挟むことで気持ちも一新されまた打ち込めます。原理としてはこれと一緒なのではないでしょうか。
 イベントでやり方を変えるといっても内容によって様々だと思いますが、例として

・ファーストアプローチの仕方をかえてみる
・商品や景品の陳列をかえてみる
・POPなどを新しいものにする
・提案方法をかえてみる

などといったことが挙げられます。
 お客様はその時その場所で違うのでやり方は様々ですが、こういったことは考える時間もかからずにすぐにでも実践ができていくものではないでしょうか。
 違うことをすることで集中力も維持できるし動きに幅も出てきます。そしてこういった行動をとることで気持ちも一新され自分がまずイベントを楽しみ、その気持ちがお客様にも新鮮味を与え、常に喜んでいただけるようなイベントが開催できるのではないでしょうか。またお客様に喜んでもらえることで販売にもつながり実績にも反映していきます。
 誰もが楽しんでイベントに参加でき、結果も出せる。そんなイベントにしていきましょう。
 
変化のあるイベントになっていますか?